バレーの栗原恵「パイオニア退団」ケガの治療に専念したい

印刷

   女子バレー日本代表でも活躍したプリンセス・メグこと栗原恵選手が、6月16日(2011年)に所属チームのパイオニアレッドウィングスから退団した。

   栗原選手は今年2月、左膝軟骨損傷の手術を行ったばかり。退団はケガの治療に専念したいという本人の希望によるものだ。栗原選手はチームの中心として、Vリーグや日本選手権の黒鷲旗大会の優勝にも貢献したが、ここ2年間はケガを抱えながらのプレーだったという。

   栗原選手は所属チームを通じて「東北パイオニアの一員として、山形で過ごした時間は忘れることができません。優しい先輩方や素直な後輩達に恵まれ、とても良い環境でバレーができた事を感謝しています」とコメント。またコートに立ってプレーできるように、リハビリを頑張りたい考え。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中