「とくダネ!」のお手柄か…福島ホットスポットやっと支援対象

印刷

   「とくダネ!」がしつこく伝えていた福島県内の「ホットスポット」が、支援の対象になった。きのう(2011年6月16日)、枝野官房長官は「特定避難勧奨地点」として他の指定地域と同様の支援をすると発表した。

支援金や避難費用支給

   福島原発からの距離は遠いのに、地形あるいは風向の影響で放射線量が高い地点が点在する。これがホットスポット。自治体や個人が放射能の測定を始めて次第にわかってきたのだが、無指定地域のなかにあると、避難したくても公的支援がえられなかった。

小倉:まだいろいろ問題

   今回指定されたのは、年間被曝量が20ミリシーベルトを超える可能性がある南相馬市原町大原と伊達市霊山町石田、上小国の3地点だ。といっても、住宅密集地ではないので指定は住居単位で、「○○さん宅と△△さん宅」というようなことになるらしい。指定を受けると、「いままでと同様」なら1世帯あたり100万円の仮払金や避難費用が支給される。

対象は3地点の限られた家庭

   田中大貴アナは「とくダネが追及してきたホットスポットにようやく政府が動きました」とちょっと胸を張った。「とくダネ!」が取材しただけでも、この3地点以外にも高い値が出た地点はあり、それらが今後どうなるかが注目だ。

   岩上安身(ノンフィクション作家)「汚染は同心円ではなく濃淡がある。同じ家でも表と裏では違ったりするから、細かくやらないといけない。意味があるとは思うが、3地点だけということはないだろう。補償を渋っていると疑われてもしかたない」

   司会の小倉智昭「支援金にもいろいろ問題があって、支援金をもらったら生活保護を打ち切られたとかニュースになっていたね」

   田中「どこまできめ細かくできるかが焦点です」

   「とくダネ!」としては、ワンポイント得点は間違いない。それにしてはあっさり。きのうのきょうでは補足取材が間に合わなかったのか。

(吹き出し) 小倉:まだいろいろ問題
文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中