「オレの○○○どうだい」猥褻メールで米下院議員辞職!日本だったら…

印刷

   長谷川豊アナのニューヨークレポートは、「日本だったらどうなるんだろう」というアメリカ人のちょっと理解しがたいニュース。長谷川は3枚のペーパーを見せて、「アリゾナの警察が発表した文書なんですが、日本だったら大問題」という。

ニュースにもならなかった「SWAT無実男を乱射殺害」

   SWAT(警察特殊部隊)の隊員のヘルメットにつけたカメラの映像だ。民家に数人が突入した直後に激しい銃撃音。7秒間に71発を発射し、中にいたこの家の元海兵隊員(26)は22発を受けて死亡した。事件の直後、男性の妻がかけた通報が残っていた。

最低の男
「家を大勢が取り巻いて突然夫を撃った」
「だれが?」
「SWATだと思う」

   警察は麻薬売買の疑いで家宅捜索をし、男性が撃ってきたので反撃したと発表したが、その後、男性の兄は麻薬での前歴があったが、この男性は無実だった可能性が高いとわかった。さらに、男性は発射しておらず、SWATの1人が転んだので撃たれたと思ったらしいこと、かけつけた救急隊員にまだ息のあった男性の処置をさせなかったことなどがわかった。しかし、警察の報告書は「SWATは何ら法律に触れるものではない」

   長谷川「日本だったら問題になると思いますが」

   司会の小倉智昭「日本だけじゃなくて、アメリカでだっておかしいでしょう」

   長谷川「いやいや小倉さん、こちらを見てください」と地元紙を見せる。事件はごくごく小さな扱いで、「ニューヨークではまったく載っていません。しかも、取材する私たちに『警察を責めるのはやめてくれ』というんです」(長谷川)。

   アメリカでは警察に銃を向けたら撃ち殺されても仕方がないという。

   長谷川 「大量破壊兵器があると戦争を仕掛けて、終わってみたら『ありませんでしたぁ』という国の文化なのかな」

ポルノ女優が会見して暴露

   長谷川が「逆にアメリカ中が湧いていたニュースがこれ」と新聞紙面を見せたのは民主党の下院議員アンソニー・ウィーナー氏(46)。将来を嘱望され、妻はヒラリー・クリントン国務長官の元秘書というカップルの写真が載っている。

   長谷川「彼の議員生活は6時間前にピリオドとなりました。なぜでしょう」

   理由はネットで知り合った複数の女性に送ったわいせつメールだった。半裸の自分の写真も送っていた。本人は「後悔している。しかし彼女たちと会ったことも関係もない」と議員辞任を否定していた。だが、オバマ大統領が「わたしなら辞める」と言ったり、事務所前に市民が押し掛けて抗議する騒ぎになったり、お相手のポルノ女優が会見して「オレの○○○はどうだい」などというメール内容まで暴露したから、とうとう追い込まれた。

   その会見が面白かった。議員の登場に拍手が起る。「女遊びしてたのか」「国民は知りたい」などヤジも飛んだ。長谷川がアメリカ人記者に聞く。

「日本では不倫でも辞職しないが」
「アメリカの議員は潔癖でなければならな い。だれもが議員としてふさわしくない行為だと思ってる」

   小倉が「最低の男ですね」

   森本さやかアナ「日本の議員にも見倣っていただきたい。でも、不倫で議員辞職すると、議員さんが減っちゃうような気がするんですが」(笑い)

   小倉「言い過ぎじゃないですか」(爆笑)

   森本「アメリカの議員は潔癖だといってたが、じゃあシュワルツネッガーはなんなんでしょう」

   クリントンもケネディもいるぞ。いやはや、これもアメリカあれもアメリカ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中