小室哲哉、流血ネットライブ「爪から入っちゃった」

印刷

   ミュージシャンの小室哲哉が6月13日(2011年)、インターネットテレビ「DOMMUNE(ドミューン)」に出演、2時間にわたる生演奏を披露した。

   2008年に詐欺容疑で逮捕された小室だが、今年3月に22年ぶりとなるソロアルバムを発売するなど積極的な音楽活動を続けている。この日はライブ中に指を負傷するアクシデントがあったものの、キーボードを血に染めながら熱演し、15万人近い視聴者の歓声を浴びた。

   小室は15日のツイッターで、「先日は、ミスって爪から入ってしまいました」と、ケガの理由を明かした。福島のファンから受け取った「気持ちが折れそうな毎日ですが、TKからパワーをいただきました」という感想には「自分でまだ見てないんだよ。でも良かった良かった」と一安心していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中