「節電の夏」スタート!企業は長期休み、クーラー効果アップ術

印刷

   <今週のワイドショー通信簿>間もなく「節電の夏」が始まるということもあって、今週は節電対策・節電アイデアを取り上げたワイドショーが多い。「『節電と冷房』一石二鳥!」として、TBS系「朝ズバッ!」が紹介したのは北海道札幌の「雪冷房」。冬の雪を溜めておいて夏にビルの冷房に使うというもので、すでに実用化もされているが、個人でやるというわけにはいかない。その点、沖縄の「冷房達人」はエアコンの室外機の目詰まりを掃除して、水をぶっかけるだけ。これで格段に冷房効果がアップするという。

   夏休みを長くすることで節電を狙う企業も多い。「夏休み22日!15%節電で企業『ウチはこの手で達成』」(「朝ズバッ!」)によると、三菱重工は7月と8月の2回に分けて計22日の夏休みを計画、その分は9月以降の祝日出勤で埋める。東芝は秋冬の土曜日を出勤とする代わりに、夏期休暇を最大3週間にするという。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中