ホリエモン下獄パフォーマンス―Tシャツに「悪いの自分だけじゃない」

印刷
「モヒカンが最も似合わない日本人ですね」

   コメンテーターのロバート・キャンベル(東大教授)が、穏やかな口調ながら皮肉たっぷりにこき下ろした。旧ライブドアの堀江貴文元社長(38)のことだ。懲役に服するため、6月20日(2011年)に東京高検に「モヒカン刈り」で出頭した。前日にツイッターなどで出頭を告知したり、出頭までの一部始終をネットで生中継したりするなど、刑務所に行くことをまるでショーのように演出して見せたが、「スッキリ!!」の評判は芳しくなかった。

心理学の不安解消行動

   IT事業でのし上がって時代の寵児としてもてはやされ、テレビ局の買収騒ぎや総選挙に立候補するなど話題を集めたが、粉飾決算事件で証券取引法違反に問われ懲役2年6カ月の実刑が確定した。前宣伝のせいか、東京高検前には報道陣ら約300人が押し寄せ大変な騒ぎとなった。

気が弱いんだなあ

   キャスターのテリー伊藤が開口一番「とんでもない映像。朝から見たくない映像だった」

   司会の加藤浩次「ショーアップしている、ということなんでしょうね」

   テリー「気が弱いんだなあと思った。盛り上げることによって、心の不安を隠そうとしたように見えた」

   精神科医の香山リカは専門家の立場から、「心理学的にいうと、不安解消行動。刑務所にいく不安や恐怖を隠そうとして馬鹿騒ぎや高笑いをする。痛々しい感じがした」と分析した。

   ロバート・キャンベルはTシャツに書かれた「GO TO JAIL(刑務所)」を問題にした。

「他の人も刑務所へ行けと言っている。悪いのは自分だけはないということだ。そうではなく、自分のやったことは全部自分で引き受けてほしい」

   この騒動を苦々しく見ていた人は他にもいる。ライブドアに損害賠償請求をしている原告団の1人は、「同情を得るか、ウケをねらうか、そうとしか見えない。腹立たしいの一言」と吐き捨てた。

   堀江は「人生をリセットして帰ってきたい」と話していたが、2年と数か月後どんな顔で帰ってくるのか。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中