今ごろ謝っても遅い!JR東日本3・11終日運休、乗客締め出し

印刷

   JR東日本の社長が昨日20日(2011年6月)、石原都知事に謝罪したという。JR東では、3月11日の震災当日、首都圏の鉄道の運転を終日止め、客に駅から外に出るよう促し、シャッターを降して「締め出し」たことで、混乱を招いていた。

他社はホーム開放や臨時電車

   もっとも、こうした対応はマニュアル通りで、「混乱が生じる可能性」に配慮してのことだという。この震災では、マニュアルがなければ不備をなじられるが、マニュアル通りに行動しても讃えられるたケースはごく稀のようだ。

   首都圏の私鉄にも同じようなマニュアルがあったが、現場の判断で、ホームを開放したり、臨時列車を走らせたところがあったそうな。

   JR東は今後、区や都と協議しながら個別の駅ごとに対策を考えていくというが、謝罪の遅さもさることながら、対策も遅いと指摘がコメンテイターから出た。

「もう三ヵ月経って、こういう対策をしたということが聞きたいのに、これから自治体と協力してとか、曖昧なことを言ってるのは、とても気になりましたね」(吉原珠央・イメージコンサルタント)
文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中