2021年 4月 12日 (月)

日本外食「餃子・カレー・牛丼」アジア進出―タイ大好評、なぜか中国苦戦

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   外食産業のアジア進出が急だ。中国(64社)、タイ(30社)、シンガポール(28社)に向けて、カレー、牛丼、たこ焼き、とんかつなどが人気となっているのだ。ターゲットは急増する中間層。アジアでは今後10年間に2倍の20億人になると見込まれている。多少割高でも高級感を好む人たち。この成功例がタイにあった。

高級化で人気のバンコク「壱番屋」カレー

   愛知のカレー・チェーン「壱番屋」は3年前、タイ・バンコクに出店した。人口570万人。タイには独特の食文化があり、なかでも屋台のカレーはポピュラーで、ココナッツミルク、ハーブの味が好まれている。一人前150円くらい。

   これにあえて日本のカレーをぶつけた。値段も330円からとかなり高い。コメもタイ米ではなく、現地で栽培したササニシキ。ルーも日本からで、トッピングは30種類。店舗も高級感を出してブランド化した。「新しい食文化として持ち込んだ」と海外事業部長の葛原守さんは言う。

   これが当たった。ちょっと贅沢な気分が中間層に受け入れられ、ファッション感覚に女性が乗った。昼時には1時間待ちとなるが、7割が女性客だ。2年で11店舗を展開し、1店舗当たりの売り上げは日本の店をしのぐ。葛原さんは次にインドをにらむ。5年で300店舗を目指すという。

   タイではもともと日本の食品が人気だった。みそ、のり、納豆も健康食品として定着している。日本の味が受け入れられたのも、こんな土台があったからだ。目下、とんかつの「さぼてん」、たこ焼きの「銀だこ」などが続々と進出している。

   日本貿易振興機構(ジェトロ)海外調査部の北川浩伸さんは、「味も大事だが、雰囲気と日本式サービスが新鮮。おしゃれでステータスにもなる」という。そして「振り返りビジネス」。かつてハンバーガーなどが入ってきた時に日本人が受け入れた過程と、同じやり方をすればいいのだとも分析する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中