後藤真希「年内で活動休止」母を失った穴が埋められない

印刷

   元「モーニング娘。」の後藤真希が、年内いっぱいで芸能活動を休止すると2011年6月22日、公式サイトを通じて発表した。

   後藤は1999年、「モー娘」の第3期メンバーとしてデビュー。「ゴマキ」の愛称で親しまれ、「モー娘」の国民的人気を支えた。一方で2007年には元「EE JUMP」のメンバーだった実弟の逮捕、2010年には母の転落死にも見舞われている。

   後藤はこの日、公式サイトに掲載した直筆のメッセージの中で、「母という強くて大きな支えを失った」ことをきっかけに自身の将来について改めて考えるようになったと語り、「自分の中に空いた大きな穴が埋められない」とその胸中を告白。

「今までずっと、自分ではない誰かのために生きてきました。そんな私が、今度はほかの誰でもなく、自分のために生きてみたいと思うようになりました」

として、「ゴマキではない自分、後藤真希という普通の自分に戻ってみたい」という願望が活動休止を決断した理由だと明かした。

   年内は活動を続行し、7月には新曲の配信、秋には2008年のエイベックス移籍後、初となるアルバムもリリースする。そして年末12月には、4年ぶりとなるワンマンコンサートも開催する。

「私の身勝手な決心をご理解いただけることを願いながら、活動休止までのあいだに一人でも多くの皆様に感謝の重いが届くよう、パワー全開で頑張ります。どうぞ宜しくお願いいたします」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中