菅首相に引導「もう伸子夫人しかいない」―岡田幹事長の鈴付け失敗

印刷

   国会の会期延長は70日と決まり、菅首相はニコニコ、対して岡田幹事長は浮かない表情だ。自民党議員は「オレオレ詐欺集団」「すごい人たちだ」とぼやくしかない。

   おととい(2011年6月21日)の与野党幹事長会談で、いったんは「50日」 と決まりかけたのを菅が拒否。ために岡田はきのうの会談で「申しわけない」を繰り返したというが、野党は反発して話し合いは決裂。本会議では自民・公明などの賛成なしで決まった。さすがにこのときは首相も笑顔なし。

法案成立の日程逆算で延長70日

国会乗り切れる?

   問題は「第3次補正予算は新しい首相で」という文言を、「新しい体制で」とあらためた点。新しい体制となると、菅内閣のまま内閣改造という可能性も出てきて、「延命ねらい」は見え見えだ。ますます野党の協力は期待できない。国会延長が決まり、菅は「復旧・復興と自然エネルギー」と笑顔だった。その笑顔、3月に見せていれば話は違っただろうに。

   司会の小倉智昭「これで国会は乗り切れるのか」

   田崎史郎(時事通信解説委員)「幹事長と官房長官が辞めろといってますからね。壊れる時は内部から壊れる」

   小倉「在任期間が短いのが嫌なのか」

   田﨑「菅さんでなければできないことというのはほとんどない。しかし、菅さんはオレしかできないと思っている」

   誰が首相でも同じなら、なぜ辞めなければならないのかも定かでないが、話は法案を通すためには「再議決だ」「数が必要だ」「日数(60日)が必要だ」とそっちへ行っちゃう。するとまた、小沢派の造反だなんだとなる。

「辞めないということではブレていない」

   真鍋かをり「駆け引きばかり。菅さんがやめたらうまくいくのかなとも思うけど、菅さんが一番ぶれてないようにも見える」

   田﨑「辞めないこと自体はぶれてない(笑い)。税と社会保障の一体改革でも党内はまとまらない。でも、菅さんには党内が見えていない。中間派の人たちまでがダメだといっている」

   小倉「政治家は菅さんを抑えないと進まないとわかってるんでしょうに。なんで真剣になれないの」

   田﨑「政争を起こしているのは菅さん自身だから」

   ん? そうかな。辞めろ辞めろといったのが政争の元ではないのか。

   小倉「菅さんに鈴をつける人はいないの」

   田﨑「岡田さんといわれていたんだが、言うこときかない。あとは伸子夫人ですかね。でも、30年も一緒にいると発想が似ちゃう。どの家庭でも。だから一緒になって頑張ってる可能性が高い」

   小倉が「悲しくなる」といったが、ホントかね。伸子夫人に直接聞いてみた方がいい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中