後藤真希「ゴマキに疲れた」芸能活動休止で「生き方仕切り直し」

印刷

   「ゴマキではない普通の後藤真希に戻りたい」。「モーニング娘。」の元メンバー後藤真希(25)が今年いっぱいで芸能活動を休止すると発表した。マスコミ各社へ送った自筆のメッセージでは、昨年(2010年)1月に母を亡くし「今までとは違った思いで将来の人生を考えるようになった」と打ち明けている。突然の休止宣言の背景に何があったのか、「スッキリ!!」が追った。

周囲にたびたび「もうやめたい」

   1999年に13歳で「モーニング娘。」のオーディションに合格、早くから中心メンバーとして活躍して、「ゴマキ」の愛称でソロデビュー後もヒットを飛ばした。しかし、順調に見えた芸能生活の裏で、「ステージのゴマキと楽屋の素顔の自分」とのギャップに悩むようになる。もうやめたいと口にして周囲の説得で思いとどまったこともあった。

むしろ前向き

   メッセージでは「今までは自分ではない誰かのために生きてきましたが、これからは他の誰でもなく、自分のために生きてみたいと思うようになりました」ともいっている。

キャンディーズ、都はるみは復帰

   芸能ジャーナリストの井上公造は「偶像化された自分と、1人の女性としてこれからの人生を考えたとき、1度仕切り直しが必要と気がついたのではないか」と見る。

   司会の加藤浩次「僕は、なんか前向きな発言に聞こえた。次のステップのための助走のような感じだ」

   キャスターのテリー伊藤「人生ってね、普通は自分のために生きてきて、ある時からこれからは他人のために生きていこうと思うようになるけど、逆だよね。

   メッセージにはカッコよく書いてあるけど、健康的な生活を送ってほしい。世間を見ていろんなことを経験してほしい」

   かつて、人気グループのキャンディーズが「普通の女の子に戻りたい」といって解散し、歌手の都はるみも「普通のおばさんになりたい」といって一時引退したことがあった。芸能界には「普通」に戻りたくなる何かがあるかもしれない。いつかゴマキもステージにも戻ってくるのか。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中