「安全対策やっても次に起こる違う原発事故」小出裕章・京大助教また衝撃警告

印刷

   浜岡原発の安全対策は本当に安全なのかと疑問を抱き、現地に取材に行った玉川徹リポーターが、スタジオで中部電力の電源対策などを「検証」したあと、最後に「そもそも」と言って、小出裕章・京大原子炉実験所助教の談話を持ち出した。

   小出助教は、浜岡原発で事故を防ぐためのシナリオをどれだけ用意したとしても、次の事故は――福島原発がそうだったように――また別の盲点、新しいシナリオで起きるという。「機械の事故というのは完全には防げない」のであり、「原子力発電所の場合は、一度事故を起こしたら取り返しのつかない被害を起こす。そういう機械はもともと使うべきでない」と考えている。

いくつシナリオ用意しても別の盲点

   現在の日本で首肯する人が多そうなコメントをもって、玉川の浜岡検証は幕を下ろしたが、通常、巷やネットの議論はその先も続く。事故が起きたから原発やめろなど、一時的な集団ヒステリーだ、敗北主義だ、失敗から学んでよりよい原発をつくる(つくろうとする)ことこそ、偉大なる人類の成すべきことである――的な反論が必ずなされるからだ。

   「そもそも」、我々の歴史は常に犠牲を払いながら、便利で役に立つ科学を進歩させてきたんであって、そのおかげで文明生活の繁栄を享受できてるのである。イヤなら、あんたは自然に帰れよ、みたいな。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中