東電広報に落ちぶれたかテレビ!幹部の他人事会見スルー放送

印刷

   「一連の東京電力福島第一原発事故報道について」(各局ニュース・情報番組)2011年3月~6月

   めっきり白髪の増えた東電清水正孝社長、西澤俊夫常務、その日の経過を発表するまだら白髪の社員。白髪は増えたが不思議なのは、彼らの態度に「恐縮しております」という当事者の苦悩が感じられないことである。他人事のようにしれーっとしている。日銭が入る基幹産業に就職して、時の政府・自民党もアゴで動かすポストに長年い続けた結果が、こういう顔を作ったのか。坊主になれ自民党も。

   筆者はかつてある所で、当時東電本店の出世コースにいた某課長と話す機会があった。原発反対運動も下火になり、原発安全神話も行き渡って、表面上は何の問題もない平和な時であった。彼は仕事の話の途中で突然筆者に聞いた。「こんな会社に将来性はあるのでしょうか」と。あらゆる手を使って国策の原発推進路線に邁進している時でさえ、社員でも疑問符をつけていたのだと今になって思う。彼は内心の疑心暗鬼にも拘わらず、その後出世してX原発の部長に栄転した。今もそのポストにいるかどうか筆者は知らない。

   頼りない放射性物質除去の試行錯誤に関する、まるで他人事の発表にもメディアの記者たちは何も感じないのかスルーして伝えるだけだ。唯一週刊誌が裏の調査報道で疑問点を指摘している。テレビは東電の広報に落ちぶれてしまった。スタジオで多少議論することはあっても、もともと推進派の大学教授のご意見拝聴で時間稼ぎをしてきた手前、急には方向転換ができない。情けない限りである。

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中