「自民引き抜き」浜田和幸だけ―仕掛けは亀井静香と村上正邦

印刷

   菅首相が27日(2011年6月)に行った人事を巡って政権内部や野党自民党から反発の声が噴出した。なぜか菅降ろしに躍起の自民党から浜田和幸参院議員を一本釣りし、総務省復興担当政務官に起用した。愚策なのか奇策なのか。与良正男(毎日新聞論説委員)の飛び入り参加で菅人事の舞台裏をのぞいた。

12人ぐらいの「反乱」になるはずが…

   この人事を民主党執行部内で知らされていたのは枝野官房長官だけ。当然、反発が起き、安住淳国対委員長は「何の意図があってそういうことをやっておられるのか分からない」怒りを抑えられない

徹底抗戦すれば菅延命

   自民党となると怒りもあらわ。大島副総裁は「明らかに我が党に対する挑戦とみなければなりませんね」

   与良によると、裏で暗躍したのは数少ない菅の味方である国民新党の亀井静香代表と自民党の村上正邦元参院議員会長らだという。狙いは、懸案の特例公債法案などを可決、成立させるための、参院のねじれ状態解消。

   与良「自民党参院議員の複数の議員に離党を促し、もしかして12人ぐらい引き連れてくれれば、ねじれ解消できると踏んでいたらしい」

   ところが、フタを開けたら自民党を離党したのは浜田一人だけ。与良は「結果的に戦略もヘッタクリもない玉突き人事になっちゃった」という。

怒り心頭の自民も審議拒否できず

   ただ、この無謀人事で与野党の亀裂が一段と深まるのかどうかを読むのは難しい。というのも、菅は辞任の条件として、第2次補正予算案、再生可能エネルギ―促進法案、特例公債法案の成立が「メドになる」と明言したものの、具体的な辞任時期を示さなかったからだ。自民党が審議拒否などで撤退抗戦に出れば、菅は3条件を満たすまで続投することになり、結果的に延命に手を貸すことになりかねない矛盾が出てくる。

   自民党内には「3条件を通し、さっさと辞めてもらえばいい」という声も上がっているらしいが、最後に与良がつぶやいた。「不信の連鎖が絶望の連鎖に変わるのだけは勘弁してね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中