レディー・ガガ生出演「(大震災支援)すぐに行動を起こすことが大切」

印刷

   来日中の米国の人気歌手レディー・ガガが「スッキリ!!」に生出演した。先週から「本当に来てくれるのかどうか」などとヤキモキさせながら期待をあおってきた。今朝(2011年6月28日)のスタジオは本人が来る前から大はしゃぎだ。

白黒衣装に「パンダ」メイク

「テリーさん、大きくなりましたね」
どんなパフォーマンスを

   司会の加藤浩次が横に並ぶキャアスターのテリー伊藤を見上げながら語りかける。実はテリー、ガガに合わせて同じデザイナーに特別注文した踵の高い靴を履いて登場した。

   加藤「どうなんですか、履き心地は」

   テリー「竹馬に乗っているみたいです。非常に不安定。ガガさん、これで空港を歩いたのだから凄い」

   番組途中でも、「どんなファッションで来るのでしょうか」「どんなパフォーマンスがあるのでしょうか」とガガの話題を盛り上げる。

   そして、午前9時3分、ガガがスタジオ入り。白と黒を基調にした衣装に、目を丸く黒く塗って現れた。コンセプトは「パンダ」だそうだ。「スッキリ!!」が視聴者から募集した質問に答えてもらう形式で番組はすすむ。

   「1度着た洋服は2度と着ないか」という質問に、「ノー。何度も着ます。捨てるのはもったいないから」

   「自分は世界一の女性と思うか」には、「順位にはこだわらない。若い人に影響力のあるアーティストとして覚えておいてほしい」

   料理は得意で、とくにイタリア料理。トマトソースも生のトマトからつくる。掃除も好き。

   「怖いもの」は「世界中を旅して忙しいので、家族と過ごす時間を逃してしまうこと。両親には毎日電話しています。幽霊はこわくない。先祖を大事にすることを信じています」

「日本は自分を深く理解し愛してくれる」

   日本が好きなのは「アーティストとしての自分を深く理解し、愛してくれるから」

   東日本大震災の被災地の支援活動をしているが、「自分が世界に影響を持てる立場に立った時は、すぐに行動を起こすことが大切だと思っています」

   他愛ない質問も多かったが、奇抜なファンションやパフォーマンスとは裏腹に、それにこたえる表情、語り口、内容は真剣だった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中