野党の国会審議「拒否」―菅首相にとっちゃ追い風

印刷

   28日(2011年6月)に開催された民主党の両院議員総会は大荒れとなった。菅首相は退陣の3条件を改めて説明して理解を求めたが、出席した議員の間からは退陣時期をハッキリさせない首相に、厳しい批判が噴出した。「1日も早く四国巡礼の旅にお発ち下さい」「有終の美ということがおわかりですか」など皮肉たっぷりの発言が多かった。

騒ぎ大きくなるほど延命

   司会の加藤浩次は「菅総理は民主党の皆さんが選んだ総理でしょう。その総理に早く辞めろと迫る姿は何とも不思議な光景だ」とあきれ顔だ。コメンテーターの菊池幸夫(弁護士)は「日本は憲法で議院内閣制と明記されています。ですから、国民がこの問題でどんなに歯がゆい思いをしていても、有権者は手も足も出せないというのが現状です。政権の交代ではなく、トップの首をすげ替えるというだけの問題。民主党がこんなに真剣になっているのは始めて見た」と皮肉る。

不思議な光景

   キャスターのテリー伊藤「冷静に見て、これまでのところは菅総理の勝ち。騒ぎが大きくなればなるほど、菅政権を延命させることになる。誰も独走する総理を止める手立てが取れない、思いつかない。むしろ、解散・総選挙という事態になるのは困るとビビッている状況だ」と解説した。

   多くの有権者が3法案を早く上げて菅を辞職させればいいと考えているのに、野党や民主党内が審議を引き延ばして菅に追い風を送り続けているというわけだ。この追い風がある限り、菅の延命は続く。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中