佐賀県知事は原発再開OK―経産相の「安全確認」信じられたの?

印刷

   佐賀県の古川康知事が、定期検査で停止している九州電力・玄海原発2、3号機の運転再開に動き始めた。「安全性については国が責任を持つ」という海江田経産相の説得に、「安全性の確認はクリアできた」とOKのサインを出したのだ。

福島の見通し立たないなかで…

   番組スタート早々からこの問題を取り上げ、司会のみのもんたが吠えた。

どうなってるんですか
どうなってるんですか
「安全とか安全でないとかいう議論も大事ですが、福島はどうなっているんですか、100日以上たって。国はどうしているのか、県知事はどういう動きをしているのか。それをまず出さないと」

   コメンテーターの北川正恭(早稲田大大学院教授)「誰が責任を持って住民の生命を守るのか、これからの知事はそれが要求される」

   福島第1原発の事故を受けて、原子力安全保安院が応急対策を指示してとりあえずの安全性を満たすが、抜本的な安全対策がとられたわけではない。

   停止中の原発のある自治体では、運転再開に慎重な知事が多い。専門家の間でも「今の時点では時期尚早」という声が出ている。

   誰もが、この時点で「いちばん最初に運転再開させる知事にはなりたくないですよね」(東京新聞政治部次長の金井辰樹)と思うなかでの古川知事の再開容認の判断は、熟慮の末なのかどうか。

   今後、住民がどう判断するかで運転再開が決まる。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中