2018年 7月 23日 (月)

羽鳥慎一「ついていきます!」に東山紀之は迷惑顔

印刷

   7月2日(2011年)公開の映画「小川の辺」に主演する東山紀之に、モーニング「バード」司会の羽鳥慎一がインタビューしにいった。

   「一日にふたつ、嫌いなことをやれ」という東山のモットーを聞いた羽鳥は「うわー、いい言葉ですね。私もそのまま受け継いで、誰かに言いたいと思います」と受け売り宣言。「(東山に)ついていきます!」などと、いつもの空々しい調子を発揮した。

いい言葉ですね

   羽鳥は、必然的にへりくだったり、社交的に誉めるといった場面を避けたり、ウソくさい情感で包み隠そうとはしないようだ。あえて「棒読み」調でやたらに誉め上げたりすることで、なにかしら、おかしみが出ることはあるだろうが、羽鳥自身が番組の座長として、長い尺で主役級に注目されるとき、そうした芸風ばかりが目立てば、軽薄な感じが鼻に付くという見方もあるだろう。

   番組コメンテイターの立花胡桃は、わりと厳しい羽鳥ウォッチャーである。「『ついていきます』って言われて、(東山が)迷惑そうでしたね」とコメントすると、羽鳥はちょっと迷惑顔で「まあまあね、実際はついていかないから大丈夫です」と、白々しく弁明した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中