指定しといて「避難するしない自分で決めろ」ホットスポット住民ますます不安

印刷

   政府が新たに作った「特定避難勧奨地点」に、福島県伊達市の住民から怒り、困惑、絶望の声が上がっている。特定避難勧奨地点とは、1年間の積算放射線量が20ミリシーベルトを超えると推定されるホットスポットをいう。

   原則として国の支援を受けられるのは、勧奨地点の指定された世帯で、実際に避難をした世帯だけ。避難するかどうかは住民が決め、避難しなければ国の支援は受けられない。また、勧奨地点に指定されていないと、避難を希望しても国の支援は受けられない。

福島・伊達市の2町113世帯

   支援金をケチったとしか思えないのだが、今回、勧奨地点に指定されたのは、伊達市月舘町相葭地区6世帯と霊山町の上小国地区32世帯、下小国地区54世帯、石田地区21世帯の計113世帯。政府は、1軒ごとに調査した結果、毎時3・2マイクロシーベルト以上を観測した世帯と、その近くの世帯に避難を進める勧奨地点に指定したという。

冬じゃないのに…

   福島原発から風で送られてくる放射能物質は、降雨や風向きなど気象条件によって日々異なるだろうし、観測した場所によっても違うだろう。果たして世帯ごとにホットスポットを選別できるのかどうか。

   不安を感じた市内の保護者は子どもを車で学校に送迎したり、夏だというのに、全員がマスクや長袖のシャツ、長ズボンを着用して登校している。

   司会のみのもんた「これ冬の映像じゃないんです。昨日写した映像ですよ」

   急性白血病の治療を終えて2年ぶりに復帰した浅野史郎(元宮城県知事)も、「住んでいる人たちには大迷惑な話。勧奨といっているが、避難するなら避難しなさい、したくないならしなくていいよというのは、一番困っちゃう」と、政府のやり方に疑問を呈した。

   忘れたころに出してくる放射能汚染対象地区の拡大、しかも補償がだんだん細くなっている。不公平だと住民が怒るのも当然だろう。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中