2018年 6月 19日 (火)

長嶋一茂サマータイムで心配「早く出社しても早く帰れない人も…」

印刷

   今月7月から電力使用制限令が発動され、「節電の夏」がいよいよ本格到来の趣だ。首都圏では、サマータイム的に出勤時間を繰り上げる企業が増えてきており、6月あたりから、鉄道のラッシュアワーが早まって、朝6時台の電車が混み合ってるそうな。

混み合う早朝の通勤電車

   「今日からサマータイムを本格的に導入する企業が多い」(赤江珠緒キャスター)とあって、早朝の電車はますます混みそう。これを受けて、首都圏の各鉄道では、始発電車の繰り上げや早朝の運行本数を増やす一方、日中の本数は減らすといった節電(対応)ダイヤを組んでいるそうな。

どうなるのかな

   「サマータイムやクールビズを、と数年前から言われていて、やっとという感じ。はやくやればよかった」と、コメンテイターの長嶋一茂。

   とにかく、一度やってみなければじゃないか、と言う長嶋は一方で、サマータイムを導入されるサラリーマンの最大の懸念にも言及した。「はやく帰れないと、どうなのか。(出勤を)繰り上げといて、帰る時間は一緒みたいな」(長嶋)

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中