2018年 5月 28日 (月)

サブロー巨人移籍 「選手登録名も本名の大村に変わります」

印刷

   千葉ロッテマリーンズから読売ジャイアンツに電撃移籍したサブロー選手が6月30日(2011年)、2年ぶりに更新したブログで、ロッテファンへの感謝を語った。

「16年と6ヶ月。こんな私を応援して頂き本当にありがとうございました。皆さんの笑顔忘れません。皆さんの熱い熱いご声援忘れません。今の私があるのも千葉ロッテマリーンズ球団とずっと応援して頂いた皆様のおかげです」

   1994年にドラフト1位で入団した。ルーキーイヤーから出場し、2005年には「つなぐ4番」として31年ぶりの日本一に貢献。選手会長もつとめるなどチームの「顔」だったサブローだが、まさかの移籍となった。

   ジャイアンツではこれまで慣れ親しんだ背番号「3」から「0」へ、登録名も「サブロー」から名字の「大村」に変更。「マリーンズで勉強させて頂いた事をそのままぶつけようと思います」「巨人軍の優勝の為に精一杯頑張ってまいります」と意気込んでいる。ただしブログについては、「これで最後にさせて頂きます」と付け加えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中