高齢者施設の避難死者88人―環境激変で食事通らず認知症も進行

印刷

   福島・南相馬市の高齢者福祉施設「長寿荘」は、福島原発事故で避難勧告を受け、56人の入所者を栃木県など13の施設に移した。数日後に最初の訃報が届き、3か月で17人になった。

   施設の相談員・斎藤征子さんは、「元の施設にいたらどうだったかなと思う。3か月の間にこれだけの人が…、やはり長期移動のストレス。慣れ親しんだ場所、人に囲まれていたら、もうちょっと…」と話す。亡くなった93歳の女性の娘さんは、「移って1週間で食事がとれなくなった。環境の変化かなと悔やまれます」という。

「畳で自分の布団で寝たい」「睡眠薬がないと眠れない」

   「とくダネ!」が調べたところでは、原発から30キロ圏内にあった老人ホームなど15施設のうち、10の施設で88人が亡くなっていた。郡山市内の避難所では500人が今も避難生活を送っているが、半数近くが65歳以上だ。高齢者もコンクリートの上にマットを敷いて生活している。「畳で自分の布団で寝たい」「睡眠薬がないと眠れない」と入所老人は話す。

ボーッっとしている人

   福島市内のアパートには、富岡町のグループホームからの17人が生活していた。避難先は転々と変わり、これが4つ目。3階建てに10室。1部屋に3人というところもある。高齢者用ではないから、段差があったりして、よろず勝手が悪い。

   職員は「環境が変わると、8割がた認知症が進む」という。しかし中には、着た時は車イスだったのが、リハビリで歩けるようになった83歳の男性 もいた。ハモニカを吹いたりして、「家へ帰って、大の字で寝たい」といっていた。

「歯がないので食べられない」

   司会の小倉智昭「余生はゆっくりさせてあげたいよね」

   レポートした田中良幸は、死亡した受け入れ施設の話を聞いていた。みんな「食事をとってくれなくなった」そうだ。前出の斎藤さんは「食事は口に入れるタイミング、角度が変わるだけでストレスになる」と言う。

   小倉「こういう状況になると、個別の対応はできないですよね」

   入所者の声も切実だ。「歯がないので食べられない」「仮設に入ったら会話がなくなった」「ショックで一時歩けなくなった」「見知らぬ人との共同生活には慣れたが、気力が起きない」

   中野美奈子アナ「避難所ではみんな我慢してるんですよね」

   ピーコ(タレント)「ボーッとしてる人が必ず何人かいた」

   夏野剛(NTTドコモ元執行役員)「人間は希望の生き物ですからね。先のことを発信してくれないといけない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中