海老蔵9か月ぶり舞台―まだ動きぎこちないか?ケガの左目・眉

印刷

   昨年11月、自身の驕りから、泥酔からみ酒で手酷い暴行を受ける事態を招き、以来謹慎していた市川海老蔵が2日、9か月ぶりの舞台にたった――となれば、このモーニングバードでも大フィーチュアするのかと思いきや、わりと控えめな扱い。芸能リポーターのスタジオ出演もなし。どうもこの番組の構成はいまいち予想しづらい。

心配された「にらみ」

   さて、そんな閑話はさておき、復帰初日にはファンがつめかけ、当日券は完売だったそうな。映像を見る限り、わりと一定の性別・年齢層の方々が非常に目立ったが、とにかく人気のほうは衰えなかったようである。

   暴行によって、左目の充血、違和感などが生じ、「にらみ」ができなくなる心配があったことから、海老蔵の表情にはとくに注目が集まる。番組によれば、開演当初、海老蔵の左眉の動きが右眉にくらべて少なく見えた。が、その後、表情の動きが滑らかになったとのことで、どうやら杞憂だったらしい。

   終演後には、「みなさん、やっぱり泣いてましたよ」「拍手がすごかった」「相変わらずきれい。ひさしぶりの舞台とは思えませんでした」「一回りも二回りも大きくなって帰ってきたところが、ただ者じゃない」など、大満足そうなファンの感想が聞かれた。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中