2019年 9月 21日 (土)

市橋達也やっぱり不気味…3時間半ピクリとも動かなかった初公判

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   英国人語学教師リンゼイ・アン=ホーカーさん殺害事件の初公判がきのう(2011年7月4日)千葉地裁で開かれ、市橋達也被告(32)が送検後初めて姿を見せた。笠井信輔アナが「1メートルの距離で見ました」とミー ハーなことをいう。

「殺意」の判断難しい裁判

   市橋は入廷したとき、検察官の後ろにリンゼイさんの家族がいるのを見て、突然、土下座した。無言で数十秒、職員にうながされてようやく席についた。人定質問でも小さな声で答えた。

1メートルで見た

   次いで起訴内容について問われると、「殺意はありませんでした。しかし死には責任があります。姦淫したのは私です。怖い思いをさせ死なせてしまったのも私です。本当に申しわけありませんでした」としゃべり出した。ここがこの裁判のポイントだ。起訴内容は強姦致死と殺人で、最高刑は死刑だが、殺意がなく強姦と傷害致死と認定されると有期刑になる可能性が高い。

   リンゼイさんは強姦された後、半日以上も監禁状態に置かれ、逃げようとして大声を発したため市橋が首を絞めている。また、講習料を忘れたといって自宅へ戻ったとき、タクシー運転手に「5、6分待っていて」といって断られている。

   元検事の若狭勝弁護士は「裁判員裁判では判断が難しい部類に入る」という。司会の小倉智昭は「首を絞めたら死ぬとわかっていても、傷害致死になるの」と首をひねる。

   若狭「刃物の場合と違って、殺意を判断しにくい場合がある」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中