赤江珠緒キャスター実践!スパルタ親孝行にスタジオ「やり過ぎだよ」

印刷

   いま、「親孝行ビジネス」が注目されているそうな。親孝行のノウハウ本が15万部のベストセラーになり、都内高級ホテルに「親孝行宿泊プラン」が登場。「親孝行といっても、なにしたらいいかわからない」人のために、プランを考えてくれる「親孝行コンシェルジェ」なるプロまでいるんだとか。

   で、スタジオのコメンテイター陣はどんな親孝行を? 「日々の中で少しずつ」(舘野晴彦・ゲーテ編集長)など、眠気を誘うコメントばかりのなか、司会のタマちゃんこと赤江珠緒が気を吐いた。

ジェットコースターや吊り橋

   なんでも、赤江は「若さを維持するには刺激を与えたほうがいい」というポリシーのもと、親に吊り橋を渡らせたり、ジェットコースターに乗せたりといった親孝行を実践しているという。

親を谷底に突き落とす

   「やりすぎでは!?」(大西洋平アナ)と疑問の声があがると、ダブル司会のかわたれである羽鳥慎一は「それが赤江珠緒です。両親を谷底に突き落として、戻ってこいというね」と、女子獅子・赤江のスパルタ孝行に納得顔であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中