マルモ最終回やはり視聴率急アップ!23・9%は今年2位

印刷

   フジテレビ系ドラマ「マルモのおきて」(日曜夜9時)が7月3日(2011年)放送の最終回でやはり高視聴率を叩き出した。23・9%は今年2番目の数字だ。

   「マルモ」の初回放送(4月24)は、同じ時間帯に前評判の高かったTBS系ドラマ「JIN-仁-」という強力ライバル番組があったため11・6%と低迷スタートだったが、子役の芦田愛菜、鈴木福、人間の言葉を話す犬・ムックがかわいいと評判になり、エンディング主題歌「マル・マル・モリ・モリ」の歌と踊りも人気となって、第5話あたりから視聴率は急上昇。「仁」としのぎを削っていた。前週に「仁」が終わったことから、「マルモ」にドラマファンがドッと流れると予想されていたが、一気に8・3%のアップに、フジテレビ関係者も「予想以上だった」と驚く。

前田敦子主演の後番組でも「マルモリ」

   この人気を逃してなるものか! 「マルモ」の後番組は、AKB48の前田敦子があこがれのイケメンを追いかけて、男装で男子高校に潜り込むラブコメディー「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」で7月10日スタート。その第1回目に「マルモリ」トリオがゲスト出演する。マルモ人気をあっちゃん主演のドラマにつなげようというわけなのだが、マルモリダンスを披露するかどうかは、番組を見てのお楽しみという。いやあ、フジテレビは商売がうまい。(テレビウオッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中