ストレステスト持ち出した菅首相の魂胆「在職中に原発再稼働ダメ」

印刷

   原発の安全性を評価するストレステストが停止中の原発を再稼働させる前提条件になるという。どこからどう湧き出たのか舞台裏を探ると、行き着くのは世論の動向を見ながら決める菅首相のブレ。

   おさまらないのは海江田経産相の安全宣言で再稼働に動き出していた玄海原発で、運転再開を認めた岸本英雄町長や古川康佐賀県知事は、「再開を認めた意味がなかった」「安全宣言を出しておきながら、なぜこの時期に」と戸惑うばかりだ。

「第三者評価なら意味あるが…」

   早稲田大大学院教授の北川正恭は「ストレステストは第三者がちゃんと評価するならいいことだと思う。ただ、海江田さんが安全宣言をした後で首相がそれは違うという手続きの軽さはダメです。政府は最初から真剣に考えないといけない」と、ストレステストそのものは評価しながらも、内閣のあのちぐはぐ対応では信頼感がなくなると手厳しい。

   東京新聞政治部デスクの金井辰樹「菅さんと海江田さんの意思統一ができていないことがはっきりしたということですね。菅さんは自分が総理にいる間は運転再開させないという大前提があって、それで政局を作ろうと思われても仕方がない感じがするのは残念です」

海江田経産相のおっちょこちょい

   本来、きちっと手順を踏んだうえで安全宣言を出すべきところを、急いだ経産省の尻馬に乗った海江田が「国が責任を持ちます」と宣言してしまった。おっちょこちょいぶりばかりが目立ったのは自業自得か。

   九電の『やらせ』やらストレステストやらで、玄海原発の運転再開はかなり遠くことになった。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中