「国会議員は家族と福島原発に住んでもらおう」みのもんた吠えた!

印刷
「子どもたちの体の中で放射能が絶えず遺伝子に影響を与える。あってはならないことです。何十年後の因果関係をどう証明するのですか」

   司会のみのもんたが語気荒くこう吠えた。批判の矛先は、福島第1原発事故で飛散した放射能線による子どもたちの内部被曝調査を、「線量が低いので必要がない」と拒んできた政府だ。

福島の子ども内部被曝。政府「問題ない」

   「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」が、福島市内の6歳から16歳の子ども10人の尿を採取して検査したところ、微量だが全員から放射性セシウム134と137が検出された。高い数値としては、半減期が26・6年と長いセシウム137が7歳男子で1リットル当たり1・30ベクレル、8歳女子で同1・19ベクレル、9歳男子で同1・22ベクレルだった。

たとえ微量でも

   50年前の1960年代に米ソが競って大気核実験を行った時期に、中学生の尿検査で検出された範囲内といわれ、政府はこの検査結果について「健康に影響ない範囲」としている。

何年か後にガン・白血病の可能性

   長崎大環境科学部の戸田清教授はこう言う。

「フランスやドイツでは、微量とはいえ放射性物質を体内に取り込むことで白血病が増えているという調査結果が出ています」

   何年後かに、これらの子どのたちががんや白血病を発症する可能性はないとはいえないともいう。

   みのが怒りをぶちまけた。

「微量だとかいう問題じゃないんです。内部被曝というのは、体の中で放射能が絶えず遺伝子に影響を与えるんです。政府が何で問題ないって言えるのか。何十年後の因果関係をどう証明するのですか。国会を福島第1原発に移しましょうよ。国会議員全員ご家族も一緒に住んでもらおうじゃないですか」
文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中