「玄海原発」説明会やり直し―経産省・保安院「謝罪ばかりで説明なし」

印刷

   やらせメール発覚で頓挫した九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)2、3号機の再稼働問題で、佐賀県主催による県民説明会が今月(7月)8日(2011年)夜に再び開かれ、原子力安全・保安院や経済産業省など国の担当者が出席した。今回の説明会は、6月26日(2011年)の住民説明番組が参加住民を7人に限定したうえ、やらせメールまであったことことなどから、続編として県が企画したものだ。

「ストレステスト内容・時期申し上げられない」

   説明会には前回も参加した住民のうち4人がパネリストとして再び出席。公募で選ばれた県民ら約450人が参加した。説明役の原子力安全・保安院の山本哲也課長は「地元に大変な混乱を与え謝罪します」と頭を下げたが、説明内容は従来の緊急安全対策の繰り返し。ストレステストについて聞かれても、「内容や時期は現段階では明確に申し上げられない」と説明しない。参加者から「どうして安全宣言の前にテストをやらないのか」と質問されても明確な説明はなかった。

菅首相の時間稼ぎ

   パネル討論では、進行役を務める寺崎宗俊・佐賀新聞編集主幹が「九電のメール事件。あえて『事件』と言わせてもらう。さもしい発想で残念だ」と九電を痛烈に批判。急きょ政府が実施を決めたストレステストも、「何をいつまでにやるのか。何も分かっていない」と疑問を呈した。

福島収束してないのになぜ再稼働?

   司会の加藤浩次「会場からは福島の問題が収束してないのに、今なぜ再稼働するのかという質問が出ていたのに、原発を再稼働させないと深刻な電力不足が起きるというような態度をとったと聞いています。そんなことでいいのか」

   コメンテーターの勝谷誠彦(コラムニスト)は「ストレステストは菅首相の時間稼ぎでしかない」と切り捨て、キャスターのテリー伊藤も「この先どれくらいの時間と金がかかるのか。国はきちんと説明すべきだ」と語った。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中