櫻井翔「まるでおばあちゃんのオムツ姿」はやりのサルエルパンツ散々!

印刷

VS嵐(フジテレビ系7月7日よる7時)>オープニングで、櫻井翔が前日リリースしたアルバム「Beautiful World」ネタを相葉雅紀にぶつけた。

「あれ、相葉さんのソロって今回どんな曲なんすか」

   松本潤が「マジカル・ソングじゃないの?」とちゃかすと、「いやいや違います」と否定して、「じゃなくて」と言う。

   二宮和也「じゃなくてなんて、話かえるのやめましょうよ」

   櫻井が「アルバムのソロ曲のタイトルは何ですか」と聞き返すと、「じゃなくて」とまたも相葉が言う。そこでようやくメンバーは、タイトルが「じゃなくて」であることに気づき大爆笑。寄ってたかっておもちゃにされた相葉はすごく嬉しそう。全身から「構って、構ってオーラ」があふれ出し、その後のゲームも、「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系土曜夜7時)で8年来の共演者であるゲストのベッキーと組んで絶好調だった。

「後ろ姿がまん丸くてヘンテコリン」

   この日、ダメダメだったのは櫻井。不名誉なMDA(モーストダメアラシ)までもらってしまう。見た目も動作もおばあちゃんと酷評されるヘタレぶりで、上から落ちて来るボールを背中のカゴでキャッチする「ピンボールランナー」ゲームでは、着ていたサルエルパンツなる丈の短いパンツを「はやりのおしゃれパンツなんすよ。走れないんですよ、お股が。だからこれちゃんと上げないと」とシャツを入れて思いっきり引っ張り上げてベルトを締め直した。これがいけなかった。後ろ姿がまん丸くてヘンテコリンだ。「上げて、上げて」と声を掛けた相葉は愕然として、「そのパンツ上げるとオムツになっちゃう」

「野菜を売りに来る、ほら、あんな…」

   相手チームの品川祐にまで、「東京に野菜を売りに来るおばさんみたい」とからかわれてしまう。運動音痴のうえに体力不足の櫻井、得点は伸びずゲームが終わってもゼーゼーと肩で息をしている。ベッキーも「鈍い、鈍い。見た目がおばあちゃんぽいって話はしてたけど、動作もおばあちゃんぽかった」とバッサリ。

   おばあちゃんの呪縛が抜けなかったのか、櫻井はラストの「ローリングコインタワー」ゲームでも、積み上げたコインの塔を崩して自爆。まるでいいところなし。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中