山本太郎「玄海原発反対デモに参加。佐賀県庁で訴え」

印刷

   「簡易ってなんだ!ストレステストには騙されない!」と叫んで、俳優の山本太郎が7月11日(2011年)、佐賀県庁前で行われた玄海原発再稼動反対デモに参加した。

   山本は5月末、「脱原発」主張がきっかけで所属事務所を退社。今回は仕事で徳島に滞在していたが、デモ開催を知りツイッターで「明日の、佐賀県庁前Action関係者の方、ご連絡戴けませんか」と参加表明。翌日に佐賀に駆けつけ、住民およそ150人とともに「再稼動反対」をアピール。知事に直接請願書を渡そうとして県庁に入り、職員ともみ合いになる一幕もあった。デモ終了後、山本は、

「帰路なう。佐賀県庁Actionでまた多くの方と繋がれた」

と振り返り、80歳を超える参加者から「私は先がないから、若い人頑張ってもらわなきゃ」と励まされたことや、幼い子ども連れの母親たちと撮影した記念写真を紹介。

「この子達が健やかに暮らせる日本は、この先、存在するのか?このままではあり得ない話だろう。だから繋がり、声を上げ、形にして行くしかない」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中