菅首相「原発国有化」はお化けの話。また思いつきかい!

印刷
「将来は国有化って!菅さんは原発をなくす方向だったのじゃない?」

   7月12日(2011年)の衆院震災復興特別委員会で、菅首相が原発は国有化を含めた議論が必要との考えを示したことに、コメンテーターの城戸真亜子(洋画家)がこう疑問を呈した。

   場当たり的、その場しのぎ、軸足がない…といった批判が続く中で、「朝ズバッ!」がいっこうに改まらない菅の発言を取り上げた。

事故のリスク民間じゃ無理

   自民党の西村康稔衆院議員の「リスクが高いという点で原子力発電を別会社にすることを含め、検討していくべきだと思うが」という質問に、菅は次のように答えた。

どうですか
「原子力事故というもののリスクの大きさを考えますと、民間企業という形がそれを担えるか。これは各国の例を見ても、必ずしもそうではないところもあります。そういうことを含めた議論が必要になる」

「いい方向だが、あの人が言ったのでは…」

   司会のみのもんたが「どうですか国有化?」と聞き、これに若狭勝(元東京地検特捜部副部長)は「国有化はいい方向だと思いますが、いずれにしろ、菅さんには軸足がない。お化けみたいな存在になっているのでよくわからない。それがすべての混乱の元にあるんじゃないですか」と話す。

   さらに内野雅一(週刊エコノミスト編集委員)「原発はすぐ止めろというわけにはいかないので、短期・中期的な話だとは思うが、前提がきちっとしていないから、聞いた人は混乱してフラストレーションがたまる」

   場当たり的なのは菅だけでなく、震災復興の任にある閣僚も似たり寄ったり。こんな話でばかりでは前に進まない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中