2018年 7月 22日 (日)

桂三枝「ゆっくり焦らず文枝に変身していきます。まだ実感ない」

印刷

   落語家の桂三枝が、来年(2012年)7月に6代「桂文枝」を襲名すると7月11日(2011年)発表された。三枝は吉本興業を通じ「上方落語の大看板『文枝』の名に恥じぬよう、命がけで、一層の精進をしてまいります」と決意表明したが、ブログでは、

「まだ文枝になる実感はありません 新聞を見ても他人事みたいでした」

とまた違った感慨も漏らした。

   現在の心境は「不思議と淡々」としているという三枝。「文枝」へと「ゆっくり三枝からあせらず変身してゆきます」としつつ、あくまで「中身は三枝 変わらないと思います」とも。

「なんかここまできたら悩むことなく 前向きにたのしく頑張ります」

   記者会見は16日に開かれる予定で、その後ブログで改めて「なぜ襲名を決意したのか」を詳しく語るという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中