なでしこ・鮫島彩「3月まで福島第1原発で事務」悩んで渡米

印刷

   いざとなると、やっぱり女は強い。日本時間きょう(2011年7月14日)未明に行われたサッカー女子ワールドカップ準決勝で、なでしこジャパンがスウェーデンを3-1で破った。日本初のメダル、金か銀である。

   ドイツに勝った勢いか、平均身長差10センチというスウェーデンにゲームを作らせなかった。前半、パスミスをつかれて先制されたが、19分に川澄奈穂美が取り返して、タイのまま後半へ。

   後半も日本がずっと押し気味で推移。連続攻撃のこぼれ球を澤穂希が頭で合わせて2点目。さらに、キーパーが前へ出てはじいたボールを川澄ががら空きのゴールへロング シュートを蹴り込んで勝負を決めた。まさにスーパーゴール。川澄はこの日が初のスタメンだった。

震災支援ありがとうという横断幕

   フジテレビはこの試合を中継していたから、もう大変だ。みんなテレビにかじりついていたらしい。

泣けてきちゃって

   司会の小倉智昭「最初1点入れられたときは、オッと思ったんだけど」

   笠井信輔アナは「川澄選手が2点入れた。身長157センチ」と、同じ背丈の中野美奈子アナを見やって、「こんな小ちゃくて!」

   とにかく、なでしこジャパンには勢いがある。対ドイツ戦でも、丸山桂里奈がここ1発をきっちりと決めている。佐々木則夫監督の采配もことご とくあたっているようだ。

   田中大貴アナがユニフォームを着ていたが、何か変だ。首のところのパッチがピンク色。サイズも小さい。

   田中「女性用しかないんです」

   小倉「われわれが着たらへそまでになっちゃう」

   小倉は試合を見ながら泣いたらしい。

「まだ準決勝なのに、わたしなんか泣けてきちゃって。選手たちが喜ぶより先に、震災への支援ありがとうという横断幕をかかげて、これも泣けた」

   ゲストは松木安太郎と元代表の荒川恵理子。

   松木「うれしいですね。あれだけの大型チームをやっつけたんだから、自信につながる」

   荒川 は「すごすぎる、のひとこと」

   「できればあそこにいたかった?」と聞かれ、「はい」

   番組は延々と選手紹介やらお母さんのインタビューやらを流したが、「エッ!」と思ったのは、鮫島選手はこの3月まで福島第1原発で事務をやっていたんだそうだ。その後、サッカーを続けるかどうか悩んでアメリカに渡り、踏ん切りをつけて今大会に臨んだという。

決勝相手アメリカは「小さい選手苦手」

   こうなると、次の試合が気になる。アメリカとの対戦成績は0勝21敗3分け。北京五輪でもベスト4に入りながら、アメリカに2-4で敗れた。その1点は荒川が入れている。

   荒川も「パワーと高さ」という。

   田中「アメリカはひと言でいうと男です」

   戦略について松木は「細かいパスと運動量」という。大型チームは攻撃が単調なので、「小さいのが点を取るとあわてる」と話す。

   番組終了直前にアメリカ戦にかける選手たちの声が入ってきた。

   鮫島彩(24)「金と銀では天と地の差があるので、ここまで来たら絶対に優勝したいです」

   宮間あや(26「決勝に進めたことはうれしいけど、次を勝ってこそ、今までの5試合の意味や価値が出てくると思うので、もう1度気持ちを引き締めたい」

   澤穂希(32)「今も夢を見ているような…。ずっと目標であったメダルだったので。ここまで来たら頂点を目指して頑張りたいですし、決勝をアメリカとできるって、サッ カーの神様が導いてくれたかなっていう気がする」

   小倉が「金か銀かなら、そりゃ金の方がいいけどな」と妙にしんみり。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中