高嶋政伸・美元夫妻「溝深くもう埋まらない」離婚裁判中

印刷

   俳優の高嶋政伸(44)と妻のモデル・美元(みをん、32)が離婚に向け裁判中であることを明らかにした。夫妻は昨年から別居していて離婚調停を進めたが、合意が得られなかった。

   原因について、高嶋は「お互いの性格の不一致、考え方(生活観、仕事観)の相違」とし、「その開きは予想以上に大きなものであり、相当の努力はしたのですが、結局はその溝の回復は不可能であるとの判断を下さざるを得なくなりました」と話す。ただ、裁判の争点については触れていない。

   高嶋と美元は2007年12月に放映された高嶋主演のドキュメンタリードラマ「大韓航空機爆破事件から20年 金賢姫を捕らえた男たち~封印された3日間~」(フジテレビ系)で共演。北朝鮮の工作員・金賢姫を演じた美元に高嶋が惚れ込み、交際を申し込んで6日後にはプロポーズ。2008年9月に結婚した。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中