「なでしこ世界一」 AKB大島も志村けんも大興奮

印刷

   サッカー女子ワールドカップで、日本代表「なでしこジャパン」が米国代表を破り優勝――。各界人気者の7月18日(2011年)のブログは、このニュースで持ちきりとなった。

   AKB48の大島優子は、なでしこ優勝を朝のニュースで知ったという。「世界一ってすごいな」と感心しつつ、

「何かで世界一になれることって生きている生涯、ありえないことに思えるから」

と、今回の快挙を称えている。

   サッカー日本代表ゴールキーパーの川島永嗣のこの日のブログタイトルは「!!!!」だ。本文では冒頭から「すごい」を連発し、「世界一ですよ!! 女子サッカーで日本が世界一です!!」。同じサッカー選手として、どれほどの偉業だったかが分かるからこそ、率直な驚きを表現したようにみえる。

   プロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手は「たまたまPK戦の前に目が覚めてテレビをつけました」と、幸運さを「告白」。「いやぁーホンマに朝からテンション上がりました」としつつ、なでしこジャパンへ「おめでとうございます」とメッセージを送った。

   興奮さめやらなかったのは、志村けんも同じだった。絵文字だらけのブログは「世界一 素晴らしい おめでとう」「今日舞台だけど見てて良かった。寝てないけど負けないように頑張ろう」と、大御所らしからぬ気持ちの高ぶりをそのままブログにぶつけたような文章だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中