なでしこジャパン帰国!「国民栄誉賞」になぜか反対論!?

印刷

   女子サッカーのワールドカップで劇的な優勝を勝ち取った「なでしこジャパン」が19日朝(2011年7月)帰国した。成田空港はファン250人、テレビカメラ40台以上、報道人260人 というレディー・ガガをしのぐ騒ぎだった。

   司会の小倉智昭が番組冒頭、「間もなく到着しますが、何をやっていてもすぐ切り替えます」と伝え、現場の新井麻希がスーツ姿なのを見て、「なんでサムライブルーを着ていない。『めざまし』は着ていたぞ。負けるなぁ」と、同じくフジテレビ系の前番組「めざましテレビ」(あさ5時25分)まで持ち出してテンションを上げる。と、次に現れた新井がブルーなのを見て、「だれからはぎとったぁ」「持ってきてましたぁ」「最初から着ておけよ」(大笑い)

GK海堀あゆみ「PK自分が止めれば勝てる」

   到着までの間に、決勝を前にした選手たちの声やらなにやらが流れたが、小倉は「決勝の前に取材させてくれるなんて、これが最後だろうね」という。男子サッカーだったら考えられないことだ。

あげようよ

   女子はほとんどがアマ。サッカーではめしが食えないから、みんな仕事を終わらせてから練習に駆けつける日々だ。そんな選手をまとめたのが、佐々木則夫監督(53)だ。2008年からアジア選手権2連覇、北京五輪では4位だったが、今大会で「なでしこ」の名を歴史に刻んだ。ゲストの元日本代表の大竹七未が「チームを組織的にした」という。選手にはやさしく面倒見がいい。選手の長所を引き出し、采配も冴えた。

   日替わりでヒロインが生まれ、極めつけはゴールキーパーの海堀あゆみ(24)だ。決勝のPK戦で2本も止めたが、1本目は足の先だった。周囲は「頭がいい。抜群の反射神経」という。日本選手のPKのときも、これを見ようとせずピッチの隅で精神統一していた。「自分が止めれば勝てる」という思いだったという。

「政府の人気取り」に利用警戒

   竹田圭吾(ニューズウィーク日本版編集主幹)「体格差を克服しないといけないスポーツはたくさんあるが、(なでしこは)サッカーというワクを超えて勇気を与えてくれた」

   選手たちが首に金メダルを下げ、カートを押して現れたのは午前9時を回ったころ。みんなすっきりした笑顔だ。新井の呼びかけに応えてメダルをかざす 選手もいた。

   小倉「国民栄誉賞をあげようというのに対して、政府の人気取りになると反対する向きがあるそうだが、あげようよ」

   新井「初めて見た選手もいたんですけど、世界と闘ってきたのに小柄だなぁと感じました。選手たちは横にも縦にも大きいわけでもなく、あらためてすごいなと感じましたね」

   小倉「うれしいね。明日のとくダネにはナマ出演してもらえます」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中