2018年 7月 23日 (月)

スイカ割り「今年はダメ!」品薄、生育不良で高騰

印刷

   今夏の猛暑の影響がスイカに及び、品薄・価格高騰を招いているそうだ。例年、5-7月は関東圏のスイカの出荷時期だが、今年は猛暑の影響で収穫時期が早まり、収獲はほぼ終了。また暑さのせいで、生育不良で出荷できないスイカが例年より多く、千葉県八街市では、最近のスイカ出荷量は昨年の同時期の半分以下だとか。

スーパーでも1玉3500円

   このため、スイカは品薄、値段も高騰。都内のスーパーではスイカ1玉3500円という店もあるそうな。7月以降は東北・北陸のスイカが出荷期を迎えるが、こちらは大雨の影響で出荷が遅れているといい、スイカが入手できない空白の時期が生じる可能性すらあるという。

割っちゃいけない

   スタジオでは「スイカ割りはどうしたらいいんでしょう」(吉原珠央・イメージコンサルタント)「3500円は割っちゃいけないですね」(羽鳥慎一キャスター)など、スイカ割りの実現を危ぶむ声が聞かれた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中