「なでしこ」テレビ中継も未明の高視聴率!瞬間最高28%

印刷

   サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」が米国を破りW杯ドイツ大会決勝戦で世界一となった。ビデオリサーチの発表によると、決勝戦の平均視聴率(フジテレビ系)は試合前半の7月18日3時35分から5時までが関東11・8%、関西11・2%、後半の90分間が関東21・8%、関西19・4%だった。

   最も盛り上がったのは優勝決定後の沢穂希選手のインタビュー場面(6時24分)で、瞬間最高視聴率となる関東27・7%、関西27・9%を記録した。

   また、日本の優勝が決まった直後には、ツイッターの投稿が世界中で1秒間に7196件あり、世界中が「なでしこジャパン」を祝福していた。

   フジテレビは当初、W杯の決勝戦の中継は予定していなかったが、なでしこの快進撃で急きょ予定を変更したようだ。休日の朝とはいえ、あの時間帯に平均で20%超え、瞬間最高で30%近くというのは驚異的だ。フジテレビは20日(2011年7月)の朝のワイドショー「とくダネ!」でなでしこ選手の生出演も予定しており、してやったりというところだろう。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中