新垣結衣「野心全開の女弁護士」ビンボーシーンとの対比笑える

印刷

   <全開ガール(フジテレビ系月曜よる9時)>なでしこジャパンの優勝、すごかったね。いまや、日本で野心と頑張り力があるのは女のほうだ。これはそんな今を映しているかのようなコメディである。

   ヒロインの新人弁護士・若葉(新垣結衣)は野心全開の女。なにしろ、夢は自家用ジェット機で世界を飛び回り、「マンハッタンの鷹」と呼ばれる年収100億円(!)の国際弁護士。その原点には、幼い頃の超ビンボー体験がある。ゴージャスな夢のシーンと回想のビンボーシーンの対比は笑える。

立身出世のためならなんでもやるぞ

   第1回のトップで見せた新垣結衣の振り袖姿はとってもきれいだった。外資系弁護士事務所で新人挨拶をするためだが、居並ぶ外国人弁護士たちにインパクトを与えるためには、真っ赤な振り袖でも何でも着ちゃうぞという勢いなのね。日本女性が海外で目立つためには、まだまだエキゾチシズムは利用できるのかも。もうそんな時代じゃないと上品に構えていたら、戦闘的な他のアジア女性に負けるだろう。

   対するに、息子を保育園に預けて働く「イクメンのお手本」草太(錦戸亮)は、裏通りの古い食堂の料理人。いまイクメン、イクメンともてはやされるのは、ただ子供の面倒見がよいというだけでなく、出世はしなくてもある程度の安定収入はあるという男なのでは? 草太をはじめ荒川良々、鈴木亮平、皆川猿時のイクメントリオも、みんなパッとしない父親なので「花のイクメン」とは言えない。

竹内力の保育園長おもしろいけど…まだ怖いだけ

   しかし、華やかな国際弁護士の世界は過酷である。若葉の入った外資系弁護士事務所は大きな事案の敗訴で日本からの撤退を余儀なくされる。裁判で勝ったのは桜川昇子(薬師丸ひろ子)率いる鮫島桜川法律事務所。入ったその日に失業した若葉は、「超々」がつくやり手の昇子に食い下がって、一転してその事務所に入る。

   ところが、任されたのは昇子の娘・日向(谷花音)の保育園の送り迎えだった。子役の谷花音はかわいいけど生意気そうで、この役にピッタリ。6月に終わった「名前をなくした女神」でも、その個性は十分に生きていた。

   新垣結衣はもともと無表情なところに魅力のあるタイプだが、成長したのか、表情が多彩になり、まさに「全開」演技。酔っぱらって吐きそうになり、口の中いっぱいになったものを飲み込んで、草太にキスするシーンなどは迫力満点だ。

   竹内力の保育園園長は意表を突くキャスティング。竹内はまだ呼吸をつかみかねているようだが、思いっきりこわい顔が子供を前にすると一瞬にして満面の笑顔になるなど、何かポイントを作ると良いのでは――。

カモノ・ハシ

文   カモノ・ハシ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中