眞鍋かをり「イケメンとかどうでもいい。そんな年齢でもないし…」

印刷

   タレントの眞鍋かをりが7月18日(2011年)にツイッターでつぶやいた「イケメン」に関する発言が、にわかに注目を集めている。

   問題のツイートは「なんだかもうイケメンとかどうでもよくなってきた。外見の良さばっかり気にする年齢でもないし。普通にちゃんと働いてて、少しは趣味も持ってて、私にもまわりにも優しくて、たくさん愛情をくれて、イケメンだったらそれでいい」というものだった。

   ネット上では「でもやっぱりイケメンなんですね」「結局イケメンか笑。おもしろいな」「真鍋かをり、おもしろい」といったツッコミが続出。ツイッターやはてなブックマークでも、次のように書き込まれ、ひとしきりの話題をさらった。

「でもこれ本当によく解る。選択範囲からまず容姿を抜いた後に選抜に選抜を重ねた末に容姿が選択基準になる」「もはやイケメンは付加価値ではなく必須要件ということか」「おもしれぇなぁ。イクメンと書き間違えたか」「言っていること何となく分かるわ」「メビウスの輪みたいだなw」

   眞鍋といえば、あっけらかんとした語り口調で日常生活や恋愛を語って人気を集めた、ブログの女王。「センスあるな~。さすがだ!」「言葉のリズムが心地良い」「眞鍋かをりの言語センス、全然衰えてないな」というコメントも寄せられており、その人気は健在だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中