原田芳雄「映画は身体によくない。終わるとボロボロです」

印刷

   俳優の原田芳雄がきのう19日(2011年7月)午前9時半、上行結腸がんから併発した肺炎のため死去した。71歳だった。今月11日に、自ら企画・主演した映画「大鹿村騒動記」完成試写会に車イスで出席したのが最後の姿になった。

「追い詰められて、人前で初めて声が出せて」

   1968年のデビューは無頼なイメージが時代に合った。100本以上の映画に出演したほか、音楽の分野にも足跡を残している。彼を慕う人は多かった。訃報を聞いて、佐藤浩市、桃井かおり、石橋蓮司らが自宅にかけつけた。

前田:新宿のゴールデン街

   原田を兄のように思い続けていた故松田優作の夫人美由紀さんは、「映画をやっているほとんどの人が尊敬して、お父さんみたいな人だった」という。宇崎竜童は「ショックですね。ボクもそのうち天国に行きますから、一緒に歌でもうたいましょう」

   かつて、「とくダネ!」で俳優になったきっかけを語っていた。

「映画は身体によくない。(1作終わると)身体はボロボロですよ。人前で話をするとか昔は考えられなかった。怒りでも泣きでもなんでもいいからやってみろといわれて、追い詰められてワーッとやったら、人前で初めて声が出せて、役者をやるとこういうことが起るんだなと思った」

企画・主演の「大鹿村騒動記」封切り3日後

   3年前に大腸がんになり、 「大鹿村騒動記」制作も「早くしないと時間がないから早くやってよと監督にいったら、思うより早く実現しました」と話していた。しかし、完成試写会では声が出ず、メッセージを石橋が代読した。

   主演した松たか子は「船出を見届けた原田さんの魂の強さを決して忘れません」という。旅立ったのは映画の封切りから3日後だった。笠井信輔アナは「妻を取られた男の元へ妻と相手が戻ってくるという喜劇だが、年をとるっていいなとしみじみ感じさせる作品でした」という。

   司会の小倉智昭「先週の舞台挨拶のときは驚きましたね。あそこまでになるとかと…」

   芸能デスクの前田忠明「映画ができてホッとしたんでしょうね。少し弱くなっていった。新宿のゴールデン街全盛のころから知ってますから、何かむなしい」

   原田は車イスの姿にも鬼気迫るものがあった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中