なでしこ大量「海外流出」の心配!世界中からスカウト殺到

印刷

   オドロキのワールドカップ世界一で、にわかに大フィーバー中の「なでしこジャパン」。その一方で、日本代表でもプロ契約の選手は数人で、大半の選手はアルバイトなどで生計を立てている等、厳しい現実が――という話もずいぶんと流れた。今後、どう環境を整備していくかが課題と言われるが、選手にしてみれば、もっと手っ取り早く待遇を良くする方法があるようである。

年収格差「日本240万円」「ドイツ600万円」

   番組が「なでしこリーグ」の事務局長に聞いたところでは、「なでしこ海外流出」の危機がいまおおいに懸念されているという。ワールドカップの活躍によって、世界中からスカウトがなでしこ獲得に殺到すると見られるそうな。

   実際、彼我には大きな収入格差があるんだとか。(なでしこリーグ所属の?)日本人選手の平均年収が約240万円(サッカー以外の収入も含む)。これにくらべてドイツのリーグは平均600万円。米国のトップ級の選手ともなると、推定1000万円だそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中