「なでしこ」の凄さ…リードされても悲壮にならず予感してた2点目

印刷

「2011女子W杯サッカー・決勝 日本×アメリカ」(NHK BS1)2011年7月18日3時~

   ベッドルームにはワンセグ以外テレビを置いていないので、前日からリビングのソファで寝て、サッカー南米選手権の画面を音を消してつけっぱなしで眠ったら、午前2時半には目が覚めてしまった。1億総ヘロヘロ。これで「なでしこジャパン」が負けていたら大変だった。寝不足で八つ当たりだろうが、勝ったから何でも許せる。
   延長戦でアメリカに再びリードされた時点で、「これで終わり、よくやった」と誰もが思ったに違いない。筆者も思った。だが、選手たちの顏には悲壮な表情もなく、奇跡的な2点目のゴールを予感していたようなところが凄かった。2対2で延長戦が終わり、PKになった時には何故か「勝ったな、日本」と感じた。円陣を組んでニコニコしている日本人選手に比べて、アメリカの選手は皆が怖い顔をしており、明らかに追いつかれた不快感と共に、緊張感と、いやーな予感みたいなものに支配されているなと見えたのである。
   「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日)に出ていたゲストのジャーナリスト・二宮清純が、「フジヤマのトビウオ」と謳われた古橋広之進の競泳での世界新記録や力道山の空手チョップに匹敵する快挙だと言っていたが、筆者はむしろ東京オリンピックで「東洋の魔女」と讃えられたニチボー貝塚、女子バレー団の金メダル獲得に似ている素晴らしさだと思う。地上波のフジテレビでも中継していたが、試合に集中して見たい時は物静かなBSに限る。日本万歳!

(黄蘭)

採点:2.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中