無期懲役の市橋達也「控訴するかどうか来週決める」

印刷

   英国人女性殺害で21日(2011年7月)、千葉地裁は市橋達也被告(32)に無期懲役言い渡した。裁判は殺意の有無が争点になったが、裁判長は判決文のなかで「法医学の鑑定などから3分以上圧迫されたと考えるのが自然だ。被告には動機があり、犯行後も119番通報しておらず、殺意があったと認められる」とした。

ホーカーさん父親「正義が下された」

   法廷を取材した奥平邦彦アナによると、市橋は裁判長が判決文を読み上げる間、両手を膝の上にのせたままうなだれて聞いていたという。主張がすべて退けられた弁護側は終了後の会見で、「このまま確定させるのは反対というのが弁護人全員の意見で、本人にも伝えた。本人は考えたうえで、来週、弁護人に会って控訴するかどうか決めたいという意見だった」と語った。

   被害者の父親、ウイリアム・ホーカーさんは報道陣を前に、「正義が下されるまで4年半がかかりましたが、今日それが実現しました」と言葉少なに語った。その時の印象を奥平は、「『喜んでいる』とは言っていたが、顔はこわばったまま、報道陣の質問を受けずそのまま裁判所を後にした。遺族の感情はわれわれ」が考える以上のものがあると思う」と話した。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中