なでしこ岩清水3点目阻止のスライディング「イエローは覚悟したけど…」

印刷
「値千金のスライディング。ここで出ました感謝状、いやいやレッドカード」

   司会のみのもんたがこう称えたのは、なでしこジャパンのDFの要・岩清水梓選手(24)だ。決勝戦延長後半の終了間際に、ドリブルで抜け出たモーガン選手に危うく3点目のゴールを決められる寸前、渾身のスライディングで窮地を救い、初のレッドカードをもらった。

選手として初めてのレッドカード

   岩清水は交通渋滞に巻き込まれ、「朝ズバッ!」終了間際にスタジオにスライディングでたどりつき生出演した。

ロンドンでもやってね

   みの「渾身のスライディング。これしかないという気持ちでやったの」

   岩清水「ペナルティーエリアに入ったら何もできない。やらねば点を取られてしまうと思って、あそこは自分の判断でやりました」

   みの「レッドカード渡されたとき、有難うございましたという感じ?」

   岩清水「いえ、イエローカードと思っていた。まさか赤いカードとは思っていませんでした。でも、皆が駆け寄ってくれて、『ありがとう』『ナイスプレー』と言ってくれた。ピッチを去る時に、監督もラインぎりぎりまで迎えに来てくれて『よくやった』と…」

生まれ故郷の岩手・滝沢村でサッカー教室

   岩清水が生まれたのは岩手県・滝沢村。1歳になるまでしか住んでいなかったが、祖父母はいまも暮らしていて、年に1度は訪れ、村でサッカー教室を開くなど交流を深めている。

   イングランド戦に負けたあと、強豪ドイツと戦う前夜、「もう1度思い返そう」と、佐々木則夫監督の発案で被災地の映像を見て一致団結を誓ったという。

   次の目標はロンドン五輪出場して金メダルだが、みのが「ロンドンでもいいところで、あのスライディングやってちょうだいよ」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中