2018年 7月 19日 (木)

なでしこジャパン経済効果1兆円以上―就活女子にスーツ人気

印刷

   なでしこジャパンのサッカー女子ワールドカップ(W杯)優勝の騒ぎが続いているが、「スッキリ!!」は経済・社会の「なでしこ効果」を探った。

所属各チームに地元企業がサポート申し入れ 

   今週の日曜から再開する「なでしこリーグ」の観客動員数は増えるだろうか。阿部祐二リポーターは「リーグがスタートした最初の年の観客動員数は1試合平均1291人でした。その後は減少傾向が続き、昨年は平均912人まで減少。これをどこまで盛り返せるのか。大きな期待が寄せられています」と話す。

もっと発信して

   代表7選手が所属する「INAC神戸」の練習には、クラブ史上最多となる500人のファンや報道陣が集まった。

   なでしこ優勝は1兆円以上の経済効果をもたらすと見られているが、MF宮間あやが所属する「岡山湯郷ベル」の永井忠事務局長は「すでに地元企業数社からサポートの申し入れが来ています」と話す。なでしこリーグ冠スポンサーの弁当会社プレナスの「ほっともっと」は、すでにテレビコマーシャルで主将の沢穂希らなどを起用しているが、なでしこをテレビCMに使おうと検討していく企業は多い。

「あれを着て就職戦線で勝ち抜きたい」

   さらに、なでしこジャパンのオフィシャルスーツが就職活動中の女子学生から「あれを着て就職戦線で勝ち抜きたい」と人気を集めている。なでしこが着ているのはアパレルメーカー「ワールド」のキャリア女性向けブランド「アンタイトル」が提供しているスーツで、ネイビーのストライプ生地のジャケットとパンツ、白地に織柄でストライプを入れたシャツ、サッカーボールをモチーフにしたスカーフの4点セットだ。

   コメンテーターのはるな愛(タレント)「このスーツを着ればなでしこになれるなら、私も着てみたい」

   キャスターのテリー伊藤「なでしこたちはもっと自分の言葉で色々なことを発信するべき。それによって、女子サッカーのこれからが変わってくる」

   彼女たちはそれなりに自分の言葉で語っていると思うけどなあ。テリーの言っているのは「もっとマスコミうけすることをしゃべれ」と言うことじゃないのか。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中