沢穂希に「あのシュートやってみて」めざましテレビ・大塚範一冴えた突っ込み

印刷

「なでしこジャパン生出演」(NHK BS1、ニュースウォッチ9、めざましテレビ)2011年7月19日20日

   19日の午後1時半からの帰国記者会見や、すまし顔のキャスター(大越健介と井上あさひ)が仕切る「ニュースウォッチ9」では、オフィシャルなよそ行き言葉の羅列で面白くなかった(なでしこ)たちだが、眠いだろうに翌日早朝の「めざましテレビ」では、軟派ネタ得意のフジテレビらしく生き生きとした本音を聞きだした。
   例えば視聴者全員が持っている疑問に大塚範一が突っ込んだ。決勝戦での2対2に持ち込んだ日本チームの2点目のディテールだ。試合中の中継では選手たちの背中から遠景で撮っているので最初はシュートが成功したのかどうかさえわからないくらいだった。新聞では沢選手の蹴った直後が掲載されていたが、動画では今一つ。
   大塚が「ちょっとやってみてください」と言い、女子アナがボールを投げて、沢が実際に右足のアウトサイドで鮮やかに蹴った。アメリカのゴールキーパーが足のトラブルで時間を取っている間に、CKの宮間が「ニアで蹴る」と言ったので、沢も「私が行くね」と答えたそうだ。この僅かな時間の打ち合わせのことをアメリカ側が聞いたら歯ぎしりするに違いない。シュートを決めた沢自身が、「最初は入ったかどうかわからなかった」と言うくらいピッチでの全体像は見えにくい所で戦っているわけである。事情がよく知れた。
   この突っ込みはよかったが、メンバーの1人がAKB48のファンだというので、ダンスまでさせたのはやり過ぎである。図に乗るな。

(黄蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中