2018年 7月 21日 (土)

「中国高速鉄道事故」ワイロ捻出のため手抜き突貫建設

印刷

   中国・浙江省で衝突事故を起した高速鉄道は、事故からわずか1日半のきのう(2011年7月25日)午後、運行が再開された。現場の高架下には転落した車両がそのまま。もうほとんど人影もない。死者39人、けが人190人以上という惨事などなかったようだ。衝突した先頭車両は地中に穴を掘って埋めてしまった。中国事情にくわしいジャーナリスト富坂聰さんは「事故原因究明はしないという宣言みたいなものだ」という。

雷のせいにしないと都合悪い鉄道省

   中国でもさすがにネットで批判が出た。

埋めた…
「そんなに急いで隠さなくてもいいじゃないか」「証拠隠滅、責任逃れ、これこそ中国」「高速鉄道は世界最速の棺桶だ」

   しかし、政府報道官は「(埋めたのは)救援活動のためだ」と平気でいう。

   司会の小倉智昭「埋めたのは、救援が終わってからでしょう」

   石平・拓殖大客員教授の解析が面白い。

「原因究明をやりたくないんですね。今後も高速道路とか大規模プロジェクトをやらないといけない。技術がダメだとなるとやりにくい。だから、自然現象、雷のせいにすればいいというわけなのでしょう」

   中国の高速鉄道建設はすさまじいペースだ。日本は52年かかって2500キロを敷いたが、中国は6年間で9000キロ。2020年までに1万6000キロになる。この3年で57兆円もの予算を鉄道など交通インフラに投じている。

   石はこれを「高い経済成長を維持するための公共投資です。鉄道省にしてみれば、棚からぼたもち。予算をどんどん使って猛スピードで整備を進めた。そこで安全をないがしろにした」という。

   小倉「手抜き工事なんてあるんですか」

   石「当然です。鉄道大臣が賄賂をもらったと辞めたでしょう。賄賂を捻出するためには手抜きしないといけない。これからも今までのやり方になる。原因究明より国民をごまかすことが優先。国民が忘れた頃にさらに大規模プロジェクトを打つ。隠蔽は原因究明の意思がないということで、技術が高まることはない」

   小倉「中国のものは良くなっていることは確かなんですがね」

   政府が関わってくると、話がいつもおかしくなるのも中国特有だ

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中