品川祐 「愛読雑誌『ぴあ』の表紙に出たかった!」

印刷

   お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐が7月25日(2011年)にブログで、1341号を最後に休刊する雑誌「ぴあ」の思い出を語っている。

「雑誌の『ぴあ』が休刊になってしまった」

   小学校3年生のころ、日曜日は電車に乗って、映画を観に行くのが日課だった。中学生、高校生ぐらいともなると、「デートが映画館とマンガ喫茶だけでつまらない」という理由で、2度フラれてしまったこともある。それくらい映画が好きで、『ぴあ』と『ロードショー』(集英社・2008年休刊)を買うのがずっと楽しみだったそうだ。

「『ロードショー』が無くなった時も、青春時代を思い出して甘酸っぱくなりましたが・・・『ぴあ』までもがなくなってしまうとは」

   いち早く映画が観たくて、試写会の抽選ハガキを応募したことも懐かしい。そして、お笑い芸人になってからは『ぴあ』の表紙になるのが夢だった。イラストレーターの及川正通の描く、あの似顔絵イラストの表紙になるのも「叶わぬ夢になってしまいました」と残念がっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中